HOMEへ  中国業界別コラム  高速道路業界  中国の高速道路の総延長距離の推移
サイトマップ


中国株おすすめ証券会社
内藤証券

・香港、上海、深セン市場の銘柄取引に対応!

・手数料もお得

・本土B株だけでなくA株もネットで取引可。

・特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応。







高速道路業界 vol8
中国の高速道路の総延長距離の推移



拡大のスピードは衰えず
中国の高速道路の総延長距離についての前回の調査は2006年でしたがその時点で45400キロメートルでした。2009年末にはこれが65000キロにまで到達しています。わずか3年で約20000キロも距離が伸びているのです。現在の総距離の3分の1がここ3年で建設されたわけですから、いかにすごいペースで増加しているかがわかると思います。新たに建設された高速道路の距離が2007年をピークに減少して来てはいますが、過去10年で見ても増えたり減ったりの繰り返しですので再び増加に転じることも十分考えられます。



高速道路はどこまで伸びる?
今後中国はどのくらいまで高速道路を建設していくのでしょうか。交通運輸部の発表では2020年をめどに100000キロまでもって行きたいと目標を立てています。100000キロという数字はちょうど現在のアメリカの高速道路と同じぐらいの規模です。現在65000キロですので100000キロまで残り35000キロになります。過去3年で20000キロ増やしてきているので、10年で35000キロというのはすこし少ないような気もしますが、作りすぎても仕方がありませんから、需要を見越して100000キロという数字を立てているのでしょう。

100000キロという数字がどの程度妥当なのかというのををすこし検証して見たいと思います。まず国土面積で見た場合アメリカと中国はほぼ同じ位の面積になります。面積が近いので高速道路も同程度必要というのはある意味納得できます。しかしながらEUは中国の半分以下の面積しかないのに高速道路は約90000キロメートルもあります。そこで今度は人口で見ていくことにします。EUはアメリカの約1.5倍の人口を抱えています。人口が多ければ高速道路の利用者も多くなるわけですから、同じ面積ならよりたくさんの高速道路が必要と考えれば、EUは面積がアメリカの半分でも高速道路の総延長距離はそれほど差がないのも理解はできます。

中国に視点を戻すと中国は面積も人口も多い国です。面積や人口の多さが高速道路の総延長距離と相関関係があると考えるとするとアメリカよりもさらに多くの高速道路が建設されてもおかしくないわけです。変化の激しい中国においてこの先のことを正確に分析することは困難ですが、高速道路に関していえば、総延長距離の拡大はしばらくは続くのではないでしょうか。

国名国土人口(2009年推計)高速道路(km)
中国959万ku13億5331万65000
アメリカ937万ku3億1465万約100000
EU432万ku4億9979万89000
日本37万ku1億2715万約8000



※参考資料
中華人民共和国交通運輸部


前へ
コラム一覧へ   HOMEへ
text 2010/04/19




中国株証券会社を取扱い銘柄数の多さで比較

中国株の証券会社を選ぶポイントの一つは銘柄数の多さです。上海、深セン、香港の各市場で銘柄数の多い証券会社を紹介します。



中国株証券会社を手数料の安さで比較

証券会社を選ぶ上で特に重要なのは手数料の安さです。各証券会社の購入金額ごとの手数料を比較し、手数料の安い証券会社を紹介します。



中国株のおすすめ証券会社

本土株も取引したいなら
内藤証券

香港市場だけでなく上海、深センなどの中国本土市場も取引したいなら内藤証券がおすすめです。手数料もお得で本土B株だけでなくA株市場もネットで取引できます。特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応しています。


香港市場で手数料重視なら
SBI証券

香港市場ならSBI証券もおすすめです。手数料もやすく、取り扱い銘柄数も充実しています。特定口座は香港株にも対応しています。










Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved