HOMEへ  中国業界別コラム  自動車産業  中国の自動車産業について
サイトマップ


中国株おすすめ証券会社
内藤証券

・香港、上海、深セン市場の銘柄取引に対応!

・手数料もお得

・本土B株だけでなくA株もネットで取引可。

・特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応。







自動車産業 vol1
中国の自動車産業について



中国の自動車市場の拡大
2002年WTO加盟とともに中国の自動車市場も大きく拡大しはじめました。2002年度で総生産台数325万台、うち乗用車113万台にもなります。この勢いは衰える所を知らず、今年の見通しでは総生産台数400万台、乗用車150万台と大きな増加が予想されてます。この数値は年計算でそれぞれ23%、37.5%達成すれば到達する数字ですが、2003年1〜4月期では43%、113%とはるかにうわまる数字をたたき出しています。おそらく見通しをうわまるのは確実ではないかとささやかれてます。このように中国の自動車産業は大きな成長をとげている状況です。400万台ですと、フランスを抜いて世界第4位の生産台数で、それだけ見ればすでに世界トップレベルの自動車大国です。


中国の自動車メーカー
中国の自動車産業で大きなシェアを占めているのが外資との合弁企業、あるいは技術協力を受けた企業です。下記にシェア別の順位をあげます。

2002年度中国乗用車メーカー生産シェア別順位
メーカーシェア中国企業 合弁先企業
上海VW25%上海汽車 フォルクス・ワーゲン
一汽VW18%第一汽車 フォルクス・ワーゲン
上海GM10%上海汽車 GM
天津夏利8%天津汽車、第一汽車 ダイハツ(トヨタ)
神龍汽車7%東風汽車 プジョー・シトロエン
重慶長安鈴木汽車6%重慶長安汽車 スズキ
広州本田5%広州汽車 ホンダ
その他21%



中国自動車市場の今後
中国の自動車市場では一部の富裕層だけでなく、一般のサラリーマン層にも自動車の購買意欲が広がりつつあります。そんな中今後注目されるのが10万元自動車というものです。日本円で(150万円)と一般の大衆でも手がでる程度の低価格自動車が注目されてます。実際中国市場でこれまで圧倒的なシェアを占めてきたフォルクスワーゲンですが、メインが20万元台の価格帯のためか、2003年上半期の市場シェアは前年の43%から37%にまで落ち込んできてます。もちろん価格だけでなく、トヨタやホンダを始めとした本格参入、巻き返しもありますが、高級車以上に低価格の自動車の市場が拡大してるのも事実です。低価格帯の自動車でいかに魅力的な商品を提供できるか、それが今後の市場シェアを左右する大きな要因といえるでしょう。


次へ
コラム一覧へ   HOMEへ
text 2003/07/28




中国株証券会社を取扱い銘柄数の多さで比較

中国株の証券会社を選ぶポイントの一つは銘柄数の多さです。上海、深セン、香港の各市場で銘柄数の多い証券会社を紹介します。



中国株証券会社を手数料の安さで比較

証券会社を選ぶ上で特に重要なのは手数料の安さです。各証券会社の購入金額ごとの手数料を比較し、手数料の安い証券会社を紹介します。



中国株のおすすめ証券会社

本土株も取引したいなら
内藤証券

香港市場だけでなく上海、深センなどの中国本土市場も取引したいなら内藤証券がおすすめです。手数料もお得で本土B株だけでなくA株市場もネットで取引できます。特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応しています。


香港市場で手数料重視なら
SBI証券

香港市場ならSBI証券もおすすめです。手数料もやすく、取り扱い銘柄数も充実しています。特定口座は香港株にも対応しています。










Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved