HOMEへ  中国、香港の株式市場について  中国、香港の会計基準と決算発表
サイトマップ

中国、香港の会計基準と決算発表



中国の会計基準ですが、中国本土と香港市場では、それぞれ採用する会計基準が違います。また中国本土、香港市場のなかでも、A株やB株、H株やGEM市場それぞれにおいて、会計制度の適用のされ方に違いがあります。少しややこしいところですが、中国市場、香港市場それぞれについて、会計制度、決算発表についてみていきます。






各市場の決算と会計制度の概要



決算期
発表期限
会計基準
四半期
中国
A株
本決算:12月末締め
通年:年度末から4ヶ月以内
中間:期末から2ヶ月以内
四半期:期末から1ヶ月以内
中国

B株
中国、国際
香港
メイン
ボード
決算期はばらばら。一般的には12月が多い
通年:期末から3ヶ月以内
中間:期末から2ヶ月以内
中国、香港
米国、国際
など
GEM
通年:期末から3ヶ月以内
四半期:期末から45日以内




中国本土企業の会計基準について

中国本土企業の決算は、通常中国会計基準に基づいて行われますが、B株市場に上場している企業では、中国会計基準による決算のほか、国際会計基準で修正された結果の公表も義務付けられています。WTOへの加盟により中国政府は更なる情報開示、透明化に向けて積極的に動いています。また市場の活性化のためにも海外投資家にわかりやすい会計制度、世界的に通用する国際会計基準により準拠した形が求められてくるはずです

中国の会計制度が大きな変化を遂げたのも実は最近の話で、2000年に制定された新「企業会計制度」が大きな契機でした。それまでは業種別、所有形態別、組織形態別にそれぞれ会計制度が存在するような状態でした。2001年から現在の一本化された中国会計基準が実施されるようになったわけです。この企業会計制度は当時の多くの規定で当時の国際会計基準に準拠したものとなっています。さらに2006年には新たに企業会計準則が制定されました。2006年度の改定でもよりいっそう国際会計基準とのコンバージェンス(収束)がすすめられており、国際会計基準と同質だとも言われています。

ここで問題なのが新たに制定された2006年版(新準則)と2000年版(旧準則)の扱いです。上場企業には新準則の採用が義務付けられていますが、非上場企業には採用を推奨するにとどまっています。このため中国企業の中で新準則と旧準則が並存する状態となっています。ただし株式投資をする上では上場企業(新準則が義務)が対象ですので、特に基準の並存状態を気にする必要もないでしょう。



中国本土企業の決算で必要な財務諸表

・貸借対照表
・損益計算書
・キャッシュフロー計算書
・権益変動表
・営業報告書
・利益処分案



日本の会計制度との違い

中国の会計制度における財務諸表の中身ですが、日本のそれとは若干異なる部分もあります。代表的なところでいうと損益計算書の経常利益の項目です。日本の会計制度では営業利益に配当やその他の損益などの営業外損益をプラスして、経常利益を出します。さらにそこに特別損益をプラスして税引き前当期純利益を出します。

これに対して中国では営業利益までは似ていますが、経常利益に当たるものがありません。営業利益に営業外損益と特別損益の両方をプラスして、いきなり税引き前当期純利益(利益総額)をだします。

また「営業外収益」や「その他の営業収益」の項目が突出してでかくなることもあります。本来なら営業収益に組み入れるべきものがそちらに計上されたりします。そうすると例えば営業費用になるべき項目がはずされることも考えられ、営業利益を実際よりもよく見せることも可能ということになります。したがって収益力を見る場合は営業利益よりも、税引き前純利益(利益総額)などで判断する方が一般的です。



通年決算時に公表すべき内容

中国会計基準では、通年決算時には上記の財務諸表のほか、以下の公表も義務付けられています。

・訴訟に関する重大事項
・役員などの略歴や保有株式について
・発行済み株式数
・1〜10位までの株主構成



四半期決算の導入

中国本土企業は2002年度から四半期決算の発表が義務付けられました。四半期決算で赤字を計上する場合や、業績が前期と比較で大きな開きがある場合には、事前に見通しを発表するよう定められています。

四半期決算を導入する一方で中国本土企業では、次年度の業績予想の発表は義務付けられていません。



香港企業の会計基準

香港上場企業の会計基準は、香港会計基準、国際会計基準などを採用していますが、中には英国会計基準や米国会計基準を採用しているところもあります。香港会計基準とは国際会計基準に基づいて作られたものです。2010年からは中国会計基準も認められるようになりました。

香港と中国両方で上場しているH株上場企業では、香港では香港会計基準、国際会計基準のいずれかで決算情報を作成しますが、A株市場の中国国内投資家向けに中国会計基準に基づいた決算書も作成します。

GEM上場企業では、上場に関する規制がメインボードよりも緩やかな反面、情報開示に関する規制は厳しくなっています。中国本土と同じように四半期決算が義務付けられていますし、決算発表の期限もメインボードより短く制限されています。



決算発表の時期と発表期限

中国本土の企業の本決算の決算期は12月末です。決算発表は通期は年度末から4ヶ月以内で、4月末までに発表しなければなりません。中間期は期末から2ヶ月以内で8月末までに発表しなければなりません。四半期は1ヶ月以内で発表しなければなりません。

香港市場の企業の決算期は3月、6月、12月などばらばらですが、一般的には12月期が多いです。発表期限は通期は期末から3ヶ月以内、中間期は期末から2ヶ月以内で発表しなければなりません。従来はこの期間が通期は4ヶ月以内、中間期は3ヶ月以内でしたが、2010年度末からそれぞれ1ヶ月ずつ短縮され3ヶ月以内、2ヶ月以内へと改められました。GEMでは発表期限は通期はメインボードと同じ3ヶ月以内で、中間期、四半期はどちらも45日以内に発表しなければなりません。



決算情報はどこで

各企業の決算情報は、それぞれが上場する市場の証券取引所のホームページで閲覧することが出来ます。また自社のホームページにて公開する企業も増えてきています。

上海証券取引所
深セン証券取引所
香港証券取引所
香港GEM市場



 ※参考資料





最終更新日 2015/09/03
公開日 2004/05/14
 TOPへ   HOMEへ





中国株証券会社を取扱い銘柄数の多さで比較

中国株の証券会社を選ぶポイントの一つは銘柄数の多さです。上海、深セン、香港の各市場で銘柄数の多い証券会社を紹介します。



中国株証券会社を手数料の安さで比較

証券会社を選ぶ上で特に重要なのは手数料の安さです。各証券会社の購入金額ごとの手数料を比較し、手数料の安い証券会社を紹介します。



中国株のおすすめ証券会社

本土株も取引したいなら
内藤証券

香港市場だけでなく上海、深センなどの中国本土市場も取引したいなら内藤証券がおすすめです。手数料もお得で本土B株だけでなくA株市場もネットで取引できます。特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応しています。


香港市場で手数料重視なら
SBI証券

香港市場ならSBI証券もおすすめです。手数料もやすく、取り扱い銘柄数も充実しています。特定口座は香港株にも対応しています。










中国の株式市場について


中国株おすすめ証券会社
内藤証券

・香港、上海、深セン市場の銘柄取引に対応!

・手数料もお得

・本土B株だけでなくA株もネットで取引可。

・特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応。







Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved